病院の看護師さんの服装が少しずつ、変化してきていることに気づいていますか?看護師は白衣、というのが今までのナース服の定番でしたが、この考え方さえ、徐々に違うものと考えられるようになっているそうです。ナースキャップの廃止など、変化する医療現場に注目してみました。


ナース服は緊張感をあたえる?白衣を廃止する傾向も

小児科など、自分の病状をきちんと説明できない場合には、看護師がドクターに患者さんの状態を正しく伝えることは難しくなります。子どもは病院にきていることでも緊張しているため、うまく話せなくなってしまうということもあるそうです。その中でお医者さんやナースの着用する白衣を見ると、人間が緊張するということが明らかになりました。そのため、東京など大都市の病院の一部で、小児科などはナース服の着用後、上からカラフルなエプロンを着用するという病院もあるそうです。


病院の考え方も分かるかも

転職を考えているという場合には、求人情報のナース服など制服への対応が、病院の方針を知るヒントにもなります。積極的に今までの概念ではなく、今明らかになっていることへ対応するため白衣の廃止を行う病院であれば、先進医療に積極性があるといえるでしょうし、様子を見てから変更するというのであれば、それも看護などの姿勢に影響があるかと思います。

Comments are closed.